\ ポイント最大9倍! /

【これで安心】SLSリールの選び方!番手やギア比、オススメの機種教えます

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

※青字をクリックすると読みたいところへ移動できます。

どうも。なかせです。(@nakase_kimama

SLS(スーパーライトショアジギング)は誰でも岸から気軽にできてアジやメバルなどの小魚からブリなどの大型魚まで釣れてしまうようなそんな夢のような釣りです。近年メディアでも取り上げられる機会が増えだんだんと知名度の上がってきている釣りです。

ただ、さまざまな魚が狙えるだけあってリール選びは非常に重要です。

SLSではブリなどの大型魚まで食ってくる可能性があるのでリール選びに失敗してしまうとせっかく掛けたお魚に逃げられてしまって悔しい思いをする可能性が高いからです。

悔しい思いをしたくない。そんなあなたはC3000か3000番手のHG(ハイギア)モデルを選ぶといいですよ。このくらいの番手とギア比を選んおけば間違いないです。

この記事では

  • リール選びに失敗したくない
  • せっかく掛けた魚を逃したくない
  • 入門用で性能十分なリールが知りたい
  • 長く使えて性能に安心できるリールが知りたい
  • 更に楽しく快適に遊べるリールが知りたい

こんな方のお役に立つ情報を発信しています。

初心者・中級者・上級者というようにリールの価格・性能で区分けしてSLSおすすめのリールも紹介してますのでぜひ最後までご覧になっていってくださいね。

安心して使えるリールの選び方を知ってたくさんの魚を釣っちゃいましょう。

この記事の内容

SLSって何?どういう釣り?

SLSって何?の画像

SLSはスーパーライトショアジギングの略です。

ショアジギングという陸からメタルジグを用いて魚を狙う釣法がありますがその釣法は80g前後のメタルジグを用いますし、竿もリールも非常に重くて釣りをするのにかなり体力が要るので成人男性でもかなりしんどい釣りです。

それをマイルドにしたものがライトショアジギングというもので40g前後のメタルジグを用いて竿もリールも1回り以上小さく軽くなっています。

SLSはそれをさらにマイルドにした釣りです。15g前後のメタルジグを用いるので一日中釣りをしても平気なくらいのライトさになっています。

あおはちゃん

通常のショアジギングと比べると相当ライトなのが分かるかと思います。

SLSに適したリールはこんなリール

SLSに適したリールを簡単に説明するとこんな感じ。

番手:C3000〜3000番程度

ギア比:ハイギアかエクストラハイギア

重さ:200g程度

ハンドルノブが握りやすい形状

あおはちゃん

たった4つだから分かりやすいね!

SLSでのリール選びの基本:番手編

SLSで基本となる番手は3000番

SLS リールサイズ画像
SLS リールの表記の意味解説

SLSで基本とするリールのサイズ(番手)は3000番です。もしくはC3000と表記されているものが扱いやすくSLSに向きます。

特にこだわりがない場合はC3000番か3000番を選ぶようにしましょう。

あおはちゃん

私はC3000番を使ってるけど快適だよ。

リールの番手(サイズ)で何が変わる?

SLS リールサイズによる違い画像

番手を大きくすることでボディサイズが大きくなりスプールサイズも大きくなります。

これにより力強さと巻き取り力がアップし太い糸を多く巻くことができるようになります。

大型の魚がかかることも多いこの釣りでは太い糸を長く巻いておく必要があり、巻き上げの強さが求められる場面もあります。

そういったバランスが良いのがC3000番と3000番というわけです。

あおはちゃん

どっちか迷うなら3000番を選んでおけばより大物に対応しやすいのでおすすめかな。

4000番はバランスが少し悪く、パワーも過剰気味

リールサイズに4000番というものがありますが、ここまでくるとライトショアジギングの枠に入ってしまいますしパワーが強すぎたり巻き取りが早すぎるので必要以上にルアーが動いてしまうこともあります。

SLSでは小魚に似せることが重要なのでちょこちょこ動いた方が有効です。

など

なので、SLSで使用するには少々過剰な性能になるのでメリットよりもデメリットが目立ってしまいます。

つまり4000番は必要ありません。

あおはちゃん

私はライトショアジギングでは4000番を使ってるよ。

2500番では糸巻き量が不足する恐れがある

2500番でもできなくはないですが、PEライン0.8号や1号などを巻く場合には150〜200m巻くことができなかったりします。

太糸を長く巻けないので不便を感じることもあります。

エギングをメインにしている方はそのまま使ってもらっても良いと思いますが新たに買うよって方はC3000か3000番を購入するようにしましょう。

あおはちゃん

私の友達で2500番でSLSを楽しんでる人もいるよ。

非常にライトなジグをメインに扱うなら2000番でもいい

SLSでメインに扱うメタルジグは10〜15g程度ですがさらに小さな5g〜7g前後のメタルジグを使用して小魚メインで狙うような釣りなら細糸にできるので2000番でも大丈夫です。

これでも大型の魚が食ってくることはありますのでその際にはちょっとやり取りは大変になります。

メインに使用するには無理があるのでしっかりとSLSを楽しみたいならC3000か3000番を用意しましょう。

あおはちゃん

2000番ではパワー不足だから素直に3000番を用意しようね。

SLSにおける大きいリールと小さいリールのメリットデメリット

SLSにおける大きいリールと小さいリールのメリットとデメリットについてまとめておきます。

大きいリールのメリット・デメリット

メリット。デメリット
メリットデメリット
太糸が巻ける
たくさん(長く)糸が巻ける
巻き上げ速度が速い
巻き上げ力が強い
大物に対抗しやすい
重たい
パワーが過剰になる
巻きが早くルアーが動きすぎる
疲れやすい
大きいリールのメリット・デメリット

小さいリールのメリットデメリット

メリットデメリット
疲れない
扱いやすい
ゆっくりと巻ける
小魚とのやりとりが楽しい
太糸が使えない
巻き上げパワーが弱い
たくさんの糸が巻けない
大型魚とのやりとりが大変
小さいリールのメリット・デメリット
あおはちゃん

やっぱり大きいリールの方がメリットは多そうね。

SLSでのリール選び:ギア比編

SLS リールのギア比の解説画像
あおはちゃん

自転車のギアでいうとパワーギアが1速エクストラハイギアが6速みたいなイメージだよ。軽いけどスピードでない、重いけどスピードでるみたいな。

おすすめのギア比はハイギアか、エクストラハイギア

SLSでオススメのギア比はハイギアかエクストラハイギアの巻き上げが速いタイプです。ハイギア以上のギア比だと糸フケの回収が早く、糸を張った状態を維持しやすいです。

また、ルアーをキビキビと動かすのも得意でワンピッチジャークというしゃくりとリールを巻く動作を繰り返すアクションも非常にやりやすいです。

また、ルアーの回収も早いので船が来た時のルアー回収や近くで魚が湧いた時に急いで回収してそこに投げるといったこともできます。

あおはちゃん

ハイギア、エクストラハイギアが使いやすいよー!

巻きものメインならノーマルギアでも使えなくはない

ノーマルギアではキビキビとしたアクションは難しいですが巻くだけのジグやルアーを使用するときにはそのデメリットは無くなります。

ルアーをゆっくりと巻くことができるというメリットもあります。またハイギアやエクストラハイギアよりもマキが軽いのも特徴で魚をかける前もかけた後も軽快に巻き取りが可能です。

SLSにおけるギア比のメリット・デメリット

ハイギア・エクストラハイギアのメリット・デメリット

メリットデメリット
仕掛けを早く回収できる
ルアーを高速で操作できる
ルアーをキレ良く操作できる
巻きが少し重い
ゆっくりとした操作が少し苦手
巻き上げパワーが少し弱い
ハイギア・エクストラハイギアのメリット・デメリット

パワーギア・ノーマルギアのメリット・デメリット

メリットデメリット
巻き上げパワーが強い
巻きが軽い
ルアーをゆっくりと操作できる
ルアーを高速で操作するのが苦手
仕掛けの回収が遅い
ルアーにキレ良く操作しにくい
パワーギア・ノーマルギアのメリット・デメリット
あおはちゃん

個人的にはエクストラハイギアが一番おすすめだよ。

SLSでのリール選び:重さ編

リールの重さは基本的に軽い方が良いです。理由としては疲れにくいためです。

SLSタックルは全体的に軽量ではありますがそれでもずっと釣りをしていると少なからず疲労してきます。

軽いリールを使うことで疲労感を軽減できますよ。

200g程度の軽量なものが疲れにくく扱いやすい

リールの重さは基本的に軽い方が良いです。理由としては疲れにくいためです。

SLSタックルは全体的に軽量ではありますがそれでもずっと釣りをしていると少なからず疲労してきます。

軽いリールを使うことで疲労感を軽減できますよ。

軽量なものでは200gを切るようなものもあるので余裕があればそういうものを選択しましょう。

重たいものは先重り感が減って逆に軽く感じることもある

重たいリールを使うことで手元に重心が寄りやすく総重量が上がっていても感覚として軽く感じることはあります。ロッドとのバランスによってはこういう選択もできます。

しかしこれは実際に装着してみないことには判断できないのであまりオススメできません。

あおはちゃん

無難に軽いものを使っておくのがいいかも!

SLSリールの選び方:ハンドル編

SLS リールのおすすめハンドル形状

ハンドル形状には3タイプあります。

このなかでSLSに向いているものはT字またはラウンド型です。

握りやすさがポイントです。

あおはちゃん

私はラウンド型を使ってるよ!ラウンド型にするにはカスタムが必要なことが多いからT字がおすすめ!

SLSリールの選び方:ドラグ編

SLS リールのドラグ性能の説明画像

ドラグとは魚が走った時に糸が切れないように自動で糸を送り出してくれる補助機構のことです。

これを事前に設定しておくわけなんですが、高価なものほどこのドラグの調整の幅が広かったり糸の送り出しがスムーズで魚を釣りやすくなります。

イメージで言うと安価なリールは大・中・小。高価なリールは1〜10の段階があるような感じです。

高価なものじゃないといけないの?と思うかも知れませんがそんなことはなく、釣る魚に合わせて小〜中くらいに設定しておけば困る場面は少ないですよ。最近は安価なリールもドラグ性能は高くなってきています。

SLSではたまにブリなどの大型魚がかかることがあります。その時に高価なリールは魚の引きに合わせてスムーズに糸を送り出してくれるので格段にラインブレイクのリスクは減ります。糸を適切に結べていてドラグを適切に設定さえできていれば理論上単純な引きの強さで切られることありません。

ここらへんが安価なものだと設定がざっくりとしていたり急な引きに対して糸がスムーズに出なかったりするので切れてしまうのです。

ドラグ性能にこだわりたいなら価格は高いものを選びましょう。

ドラグ調整も釣りも楽しさのひとつ。慣れてきたら上のクラスのリールを買うのがおすすめ!

あおはちゃん

ドラグ調整がガバガバでも良いリールならなんとかしてくれるかも?

SLSではラインは何を使えば良い?

SLSで使用するラインはPEライン一択です。

強度が必要な釣りなのでPEラインを使用してください。

また、PEラインは先端にリーダーいう別の糸を結ぶ必要があります。しっかりと練習しておきましょう。

おすすめのPEラインは以下の記事でご紹介しています。

アーマードFは切れる!?メリット・デメリット紹介します。

あおはちゃん

私はアジング、メバリング、SLS、ライトショアジギングまで全部アーマードF使ってるよ!

SLSではラインの号数・強度はどうしたらいい?

SLSで使用するPEラインの号数は0.6号〜0.8号を選択すると良いでしょう。

0.6号で約12lb(5.5kg)、0.8号で約15lb(7kg)の強度があるのでここらへんを選択してみてくださいね。

筆者の場合は0.6号では結構糸を切られることがありましたが0.8号にしてからは一度も切られていません。

心配な方は0.8号にするか、1号まで上げても良いかもしれません。

あおはちゃん

私のおすすめはやっぱり0.8号かなー。

SLSおすすめのリール

あおはちゃん

お待たせしました。ここからはおすすめのリールをご紹介していくよー!

おすすめのリール一覧

特にオススメなものには名前の前に付けています。

スクロールできます
商品特徴価格メーカー番手スプール/ギア比ハンドルノブ自重糸巻き量巻き取り長ドラグ力評価

アルテグラ
比較的安価
カッコいい見た目
初心者に大人気
重量があり巻きも少し重め
13,063円シマノC3000番ノーマルースプール
6.0
ハイギア
T字ノブ225gナイロン(lb-m) 2.5-180 3-150 4-100
フロロ(lbーm) 2.5-180 3-150 4-100
PE(号-m) 1-400 1.5-270 2-200
ハンドル1回転/89cm最大ドラグ力:9kg
実用ドラグ力:3.5kg


ナスキー

安価だが高性能
巻きが滑らか
実釣性能は十分
巻きは少し重い
9,776円シマノC3000番ノーマルスプール
6.2
ハイギア
I字ノブ240gナイロン(lb-m) 2.5-180 3-150 4-100
フロロ(lb-m) 2.5-160 3-130 4-100

PE(号-m) 1-400 1.5-270 2-200
ハンドル1回転/91cm最大ドラグ力:9kg
実用ドラグ力:3.5kg


フリームスLT
高コスパ
実釣性能は十分
高級感のある見た目
ドラグの調整の幅が狭い
13,929円ダイワC3000番ノーマルスプール
6.2
エクストラハイギア
T字ノブ210gナイロン(lb-m) 8-150 10-120 12-100
PE(号-m) 1-200/1.2-190/1.5-170
ハンドル1回転/93m最大ドラグ力:10kg

20ツインパワー
高コスパ
巻きが滑らかで力強い
黒金がかっこいい
価格が高め
36,696円シマノC3000番ミディアムスプール
6.0
ハイギア
T字ノブ215gナイロン(lb-m) 8-130、10-110 12-85
フロロ(lb-m) 8-110 5-100、6-80 

PE(号-m) 0.4-200 0.5-170 0.6-150
ハンドル1回転89cm最大ドラグ力:9kg
実用ドラグ力:3.5kg


19ストラディック
高コスパ
実釣性能は十分
シンプルでカッコいい
価格の割に重い
20,825円シマノ3000番ミディアムスプール
5.8
ハイギア
T字ノブ245gナイロン(lb-m) 8-130 10-110 12-85
フロロ(lb-m) 8-110 10-90 12-80 
PE(号-m) 1-190 1.2-150 1.5-120
ハンドル1回転86cm最大ドラグ力:9kg
実用ドラグ力:3.5kg


ヴァンフォード
高コスパ
不満ない使用感
非常に軽い
見た目の好みが分かれる
23,506円シマノ3000番ミディアムスプール
5.8
ハイギア
T字ノブ200gナイロン(lb-m) 8-110 10-110 12-85
フロロ(lb-m) 8-110 10-90 12-80 
PE(号-m) 1-190 1.2-150 1.5-120
ハンドル1回転86cm最大ドラグ力:9kg
実用ドラグ力:3.5kg


21ツインパワーXD
非常に堅牢
実釣性能が高い
ラウンドノブで力が入りやすい
価格が高め
43,147円シマノC3000番ミディアムスプール
6.0
ハイギア
ラウンドノブ200gナイロン(lb-m) 2.5-180 3-150 4-100
フロロ(lb-m) 2.5-160 3-130 4-100

PE(号-m) 1-400 1.5-270 2-200
ハンドル1回転89cm最大ドラグ力:9kg
実用ドラグ力:3.5kg


セルテート
クールでカッコいい
非常に高性能
巻きが滑らか
価格が高め
42,075円シマノC3000番ミディアムスプール
6.2
エクストラハイギア
T字ノブ210gナイロン(lb-m) 8-150
PE(号-m) 1-200
ハンドル1回転93cm最大ドラグ力:10kg

23ヴァンキッシュ
非常にカッコいい
圧倒的軽さ
巻きの軽さが抜群
価格が高め
51,895円シマノC3000番ミディアムスプール
5.8
ハイギア
T字ノブ170gナイロン(lb-m) 8-130 10-110 12-85
フロロ(lb-m) 8-110 10-90 12-80 
PE(号-m) 1-190 1.2-150 1.5-120
ハンドル1回転86cm最大ドラグ力:9kg
実用ドラグ力:3.5kg


ステラ
究極のリール
至高のリール
釣り人の憧れ
価格が非常に高い
74,268円シマノC3000番ミディアムスプール
5.8
ハイギア
T字ノブ210gナイロン(lb-m) 8-110 10-90 12-80
フロロ(lb-m) 8-110 10-90 12-80 
PE(号-m) 1-190 1.2-150 1.5-120
ハンドル1回転86cm最大ドラグ力:9kg
実用ドラグ力:6kg

各製品の比較(令和5年6/4日時点での情報)

SLSをとりあえず楽しみたい人におすすめのリール

おすすめ1:【シマノ】21アルテグラ C3000HG

マイクロモジュールⅡやサイレントドライブ、Xプロテクト、ロングストロークスプールといった上位機種に入っている機構も一部搭載している高コスパ機です。見た目のカッコ良さからも人気が高いです。

巻き心地が1万円ちょいの価格とは思えないほどに滑らかです。また、がっちりしてるので不意の大物でも安心してやり取りできますよ!

安定感や安心感を重視するならこちらのモデルがおすすめ!SLSを始めるのに最適でしょう。

※PEラインの下巻きが必要なので

スペック

  • 価格    13,063円
  • 番手    C3000番
  • メーカー  シマノ
  • ギア比   6.0 (ハイギア)
  • スプール  ノーマルスプール
  • 重量    225g
  • 糸巻き量  ナイロン号(2.5-180/3-150/4-100)、フロロ号(2.5160/3-130/4-100)、PE(1-400/1.5-270/2-200)
  • 巻き取り長 89cm
  • ドラグ力  最大9kg、実用3.5kg
  • ハンドル  T字
  • 総合評価  4点

おすすめ一覧表へ戻る

口コミや動画はこちら

おすすめ2:【シマノ】21 ナスキー C3000HG

上位機種にあるハガネギア・Xシップ・コアプロテクトなどが搭載されており、巻きも滑らかでありこの価格でこれ!?と思うことが多いです。なかなかコスパに優れるいいリールと言えます。

残念な点を挙げるとすれば少しだけ重たい点とハンドルノブがI字な点です。ですが実釣性能は問題なし。剛性感もあり防水機構のコアプロテクトと相まって長く使用することができますよ。

アンダー1万円で選ぶならかなりアリです!

スペック

  • 価格    9,776円
  • 番手    C3000番
  • メーカー  シマノ
  • ギア比   6.2 (ハイギア)
  • スプール  ノーマルスプール
  • 重量    240g
  • 糸巻き量  ナイロン号(2.5-180/3-150/4-100)、フロロ号(2.5-160/3-130/4-100)、PE(1-400/1.5-270/2-200)
  • 巻き取り長 91cm
  • ドラグ力  最大9kg、実用3.5kg
  • ハンドル  I字
  • 総合評価  3.5点/5

おすすめ一覧表へ戻る

口コミや動画はこちら

おすすめ3:【ダイワ】21フリームスLT3000-CXH

こちらも入門機として非常に人気の高いリールです。

こちらはダイワのマグシールドという磁性を持ったオイルによりリール内部への水や埃の侵入を防ぐテクノロジーも搭載されており細かなメンテナンスを省けるというのも初心者に嬉しいポイントです。

経験者でもこのリールには驚かされます。これだけ性能が良く巻き心地も良くてなんでこの値段にできるのか不思議です。

このリールもSLS入門用として非常におすすめです。

スペック

  • 価格    13,929円
  • 番手    C3000番
  • メーカー  ダイワ
  • ギア比   6.2 (エクストラハイギア)
  • スプール  ノーマルースプール
  • 重量    210g
  • 糸巻き量  ナイロンlb(8-150/10-120/12-100)、PE(1.0-200/1.2-190/1.5-170)
  • 巻き取り長 93cm
  • ドラグ力  最大10kg
  • ハンドル  T字
  • 総合評価  4点/5

おすすめ一覧表へ戻る

口コミや動画はこちら

SLSをしっかり楽しみたい人におすすめのリール

おすすめ1:【シマノ】20ツインパワーC3000MHG

軽くて頑丈、そして飛距離も出る。

そんなハイスペックなリールです。従来モデルより圧倒的な軽量化、頑丈さを獲得しSLSシーンで大活躍することは間違いありません。

これまで最上位機種にしかなかったロングストロークスプールも搭載されたことで今まで届かなかったところまでルアーを届けられるようになったのも嬉しいポイント!

SLSをしっかりと楽しみたいならかなりおすすめです。

スペック

  • 価格    36,696円
  • 番手    C3000番
  • メーカー  シマノ
  • ギア比   6.0 (ハイギア)
  • スプール  ミディアムースプール
  • 重量    215g
  • 糸巻き量  ナイロンlb(8-130/10-110/12-85)フロロlb(8-110/10-90/12-80)、PE(1-1900/1.2-150/1.5-120)
  • 巻き取り長 89cm
  • ドラグ力  最大9kg 実用3.5kg
  • ハンドル  T字
  • 総合評価  4.5点/5

おすすめ一覧表へ戻る

口コミや動画はこちら

おすすめ2:【シマノ】19ストラディック3000MHG

シマノが誇る2大リールのステラとヴァンキッシュ。その2つから技術を受け継いだため、擬似ステラとも言われています。性能の高さは言わずもがな。正直性能は現行のステラと比べてはいけませんが、一昔前のステラのようだとも言われているので性能の高さが伺えるでしょう。

価格とスペックがいい意味で合っていない。そんなリールです。

そこそこの価格で良いリールが欲しい!そんなあなたはぜひこちらを使って見てくださいね。

スペック

  • 価格    20,825円
  • 番手    3000番
  • メーカー  シマノ
  • ギア比   5.8 (ハイギア)
  • スプール  ミディアムスプール
  • 重量    245g
  • 糸巻き量  ナイロンlb(8-130/10-110/12-85)、フロロlb(8-110/10-90/12-80)、PE(1-190/1.2-150/1.5-120)
  • 巻き取り長 86cm
  • ドラグ力  最大9kg、実用3.5kg
  • ハンドル  T字
  • 総合評価  4点/5

おすすめ一覧表へ戻る

口コミや動画はこちら

おすすめ3:【シマノ】20 ヴァンフォード 3000MHG

筆者が非常におすすめする超高コスパのリールです。

ヴァンキッシュという同系統のハイエンド機がありそのヴァンキッシュの機構を持ったニアハイエンドというべきリールです。圧倒的な軽さ、圧倒的な巻き心地、圧倒的なレスポンスの速さ。どれをとっても最高!なんでこれがこの値段で出せるのかが不思議でしょうがないです。正直なところハイエンド機と比べるとあと一歩感はありますが、それはハイエンドと比べると、です。文句なしに良いリールです。

プロの中にもヴァンキッシュの代わりにヴァンフォードを使用している方が多くいるのも性能の高さとコスパの高さゆえでしょう。

かなーりおすすめです。

スペック

  • 価格    23,506円
  • 番手    3000番
  • メーカー  シマノ
  • ギア比   5.8 (ハイギア)
  • スプール  ミディアムスプール
  • 重量    200g
  • 糸巻き量  ナイロンlb(8-110/10-110/12-85)、フロロ(8-110/10-90/12-80)、PE(01-190/1.2-150/1.5-120)
  • 巻き取り長 86cm
  • ドラグ力  最大9kg、実用3.5kg
  • ハンドル  T字
  • 総合評価  4.5点/5

おすすめ一覧表へ戻る

口コミや動画はこちら

SLSをガチで長く楽しみたい人におすすめのリール

おすすめ1:【シマノ】21ツインパワーXD 3000MHG

上で紹介しているツインパワーはかなり耐久性がありますがそのツインパワーをさらに強固にしたのがこのツインパワーXDです。

過剰なほどのタフさが売り!

ガンガン使って大物をかけてもびくともしない。

圧倒的な強固さ、防水性能の高さ、使いやすさ、軽さどれをとっても文句なし。

SLSでこれを使っていれば正直なんでも釣れちゃうんじゃないですかね。

そのくらい安定感・安心感に優れるリールです。

スペック

  • 価格    43,147円
  • 番手    C3000番
  • メーカー  シマノ
  • ギア比   6.0 (ハイギア)
  • スプール  ミディアムスプール
  • 重量    200g
  • 糸巻き量  ナイロン号(2.5-180/3-150/4-100)、フロロ(2.5-160/3-130/4-100)、PE(1-400/1.5-270/2-200)
  • 巻き取り長 89cm
  • ドラグ力  最大9kg、実用3.5kg
  • ハンドル  ラウンド
  • 総合評価  5点/5

おすすめ一覧表へ戻る

口コミや動画はこちら

おすすめ2:【ダイワ】19セルテートLT 3000-CXH

ダイワの人気リールであるセルテート。

軽くて強くてタフ。アルミ製のモノコックボディで非常に頑丈!SLSでガンガンに使っていっても全くびくともしません。

魚をかけた後も抜群の安心感でファイトでき魚のキャッチ率は大幅に上がるでしょう。

快適性と強靭さを重視したいならセルテートおすすめです。

スペック

  • 価格    42,075円
  • 番手    C3000番
  • メーカー  シマノ
  • ギア比   6.2 (ハイギア)
  • スプール  ミディアムスプール
  • 重量    210g
  • 糸巻き量  ナイロンlb(8-150)、PE(1-200)
  • 巻き取り長 89cm
  • ドラグ力  最大10kg
  • グリップ  T字
  • 総合評価  5点/5

おすすめ一覧表へ戻る

口コミや動画はこちら

おすすめ3:【シマノ】23ヴァンキッシュ C3000MHG

個人的にライトゲーム最強のリールだと思っているリールです。

このリールの特筆すべき点はやはりその軽さ!その他のリールに圧倒的な差をあけるこの軽さはSLSで大きな武器となります。疲れ知らずでずっと投げ続けられるので釣果が伸びるのは当然かもしれません。

耐久性やパワーも問題なし。大型魚でもあっさりと仕留めてしまうので恐ろしいです。

ここまで出せばもはやSLSを極めるのに困ることはありません。断言できます。

かなりいいリールでSLSを楽しみたいなら23ヴァンキッシュかなりいいですよ。

スペック

  • 価格    51,895円
  • 番手    C3000番
  • メーカー  シマノ
  • ギア比   5.8 (ハイギア)
  • スプール  ミディアムスプール
  • 重量    170g
  • 糸巻き量  ナイロンlb(8-130/10-110/12-85)、フロロ(8-110/10-90/12-80)PE(1-190/1.2-150/1.5-120)
  • 巻き取り長 86cm
  • ドラグ力  最大9kg
  • グリップ  T字
  • 総合評価  5点/5

おすすめ一覧表へ戻る

口コミや動画はこちら

おすすめ4:【シマノ】22ステラ C3000MHG

釣り人の夢のアイテム。それが「ステラ」です。

これが買えるならこれを使えばもう他のリールは使えなくなります。

究極。至高。一度巻いたら誰でもその違いや良さに気づくでしょう。

SLSで使えるなら相当幸せな思いができますよ。見た目の高級感が素晴らしい。持っているという所有欲が満たされる。キャストフィールが気持ちいい。巻きが気持ちいい。魚をかけた後のドラグのスムーズな出が気持ちいい。魚釣りが100倍楽しくなるリールです。

小魚から大魚までさまざまな魚と出逢いやすいSLSだからこそ「ステラ」で釣る喜びを多く味わえますよ。

買えるなら間違いなくこのリール!いつかはステラ!みんながそう思っていることでしょう。

スペック

  • 価格    74,268円
  • 番手    C3000番
  • メーカー  シマノ
  • ギア比   5.8 (ハイギア)
  • スプール  ミディアムスプール
  • 重量    210g
  • 糸巻き量  ナイロンlb(8-110/10-90/12-80)、PE(1-190/1.2-150/1.5-150)
  • 巻き取り長 86cm
  • ドラグ力  最大9kg、実用6kg
  • グリップ  T字
  • 総合評価  5点/5

おすすめ一覧表へ戻る

口コミや動画はこちら

お気に入りのリールでSLSを始めよう!

SLSにおすすめのリールを10個紹介しました。

紹介したリールはどれも良いものなので迷う場合は予算と見た目で選択されると良いですよ。

自分のお気に入りのリールを使ってSLSを楽しんじゃいましょう。

道具を揃えてSLSを楽しもう

リールを決めたらロッドも専用のものを用意しておきましょう。

・SLSのロッドを探している方はこちらでおすすめのロッドをご紹介しています。

【2023年最新版】SLSのおすすめロッド10選!専用ロッドで釣果が変わる。

ロッド・リールと揃ったら次はルアーを用意しておきましょう。

・SLSおすすめのルアーはこちら

「爆釣」ジグパラマイクロはヒラヒラフォールが効く!特徴や使い方を徹底解説!

【コスパ最強】ジグパラTGは釣れない!?使い方が間違ってるかも!

魚子メタル貫きが釣れすぎてヤバい!でも弱点もあり?特徴・使い方解説

20魚種以上も釣れる!?ジャコイチの魅力や使い方を徹底解説します。

その他に必要なアイテムの一覧をまとめていますのでこちらも併せてご覧ください

【ルアー釣り】初心者におすすめな道具まとめ。これを買っておけば大丈夫!

釣りをもっと楽しみたいなら釣りビジョンVODがオススメです。簡単に3分で登録でき、14日間無料で試すこともできますので興味のある方は是非登録してみてください。

あわせて読みたい
釣りビジョンVOD登録してみた!登録してみて分かったメリット・デメリットを忖度なく伝えます! どうも!なかせです。 みなさん釣りビジョンVODはご存じですか?? この記事を覗いて下さった人の中には 釣りビジョンVODってそもそもどんなサービス? 釣りビジョンVOD...
あわせて読みたい
釣りビジョンVODの登録方法を画像付きでどこよりも簡単に解説! どうも!なかせです。 日本で唯一の釣り専門動画配信サービスである釣りビジョンVODは登録することで 7000本以上の動画が見放題でとても魅力的ですが、初めて利用す...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

山陰エリアを中心に20年以上釣りを楽しんでいるなかせです。
ライトゲームを中心に釣りに役立つ情報を発信していきます。

コメントはこちらに

コメントする

CAPTCHA

この記事の内容