\ ポイント最大9倍! /

PE1号の適正リーダーは?太さ・長さ・使い分け。解説!おすすめラインも紹介

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
こんな人に読んでほしい
  • PE1号ラインに最適なリーダーの太さ、長さ、材質について知りたい​​​​​
  • 最適な組み合わせや調整する方法が知りたい
  • おすすめのPEライン・リーダーが知りたい

こんな悩みを解決する記事になっています。

どうも。なかせです。(@nakase_kimama

あなたはPEライン1号を使う時に何号(lb)のリーダーを使えば良いのかわかりますか?

PEライン1号に適したリーダーは

3号5.4kg/12lb)〜4号(7.2kg/16lb)フロロカーボンで長さは1m前後

くらいあれば大丈夫です。

PE1号は通常シーバスや大型のアオリイカ狙いで使用される号数ですがこれくらいのリーダーをセットすることで小型〜中型青物くらいまでなんとか釣れるようになってきます。

この記事では、このセッティングが最適な理由・太くしたり細くしたり長さを変える基準について解説しています。

この記事を読んだ後は、リーダー選びに迷わなくなり大型魚ともしっかりとファイトできるようになりますのでぜひ最後までご覧ください。

筆者おすすめのセットアップ(PEラインとリーダー)について知りたい方はこちら

この記事の内容

PE1号に適したリーダーは3号〜4号

さまざまな号数のリーダー

PE1号のラインに最適なリーダーは、3号〜4号です。1号はまだまだライトなラインですがそれでもそうそう切れない強度を持っています。

PE1号は主にシーバスやエギング、スーパーライトショアジギングで使用される方が多くこれらのターゲットはリーダー3号〜4号をセットすることでほとんど切れることはなく、不意に掛かったそれ以外の大型の魚も案外キャッチできちゃいます。

通常PEライン強度>リーダー強度となるようにノットを組みます。PE1号の強度が19lb程度ですからリーダーはそれ以下の3号(12lb)〜4号(16lb)あたりで組むとバランスが良い感じになります。

PEラインの強度はそのままにリーダーの強度を上げることで大物とも戦いやすくなっていきますが

闇雲に太くすれば良いかというとそうでもなく、細い方が魚に見切られにくかったり潮や風の影響も少なく扱いやすいなどメリットも多いので状況に合わせて変更するのが大事。

対象魚やフィールド、状況によって適した号数のリーダーを選ぶことで快適で安心な釣りができるようになりますよ。

はかせちゃん

3号でも安心だけど4号はより安心。迷ったら両方持っておくのもいいかも。

最適な材質はフロロカーボン

最適な材質はフロロカーボンの画像

リーダーの素材は2種類ありますがおすすめはフロロカーボン。

ナイロンと比べて価格が高いですが水馴染みがよくしなやかで扱いやすいうえ、水を吸わない・日光で劣化しないなど強度低下を起こさないためどんな時でも高いパフォーマンスを発揮してくれます。

どっちにしようか迷ったらフロロカーボンラインを選んでおくといいでしょう。

はかせちゃん

使用感は似たような感じだよ。

リーダーの長さは狙いの魚やフィールドによって変える

リーダーの長さは狙いの魚やフィールドによって変える。真鯛の画像

リーダーの長さは自分が狙いたい魚やフィールドによって変更すると良いでしょう。

リーダーの役割はPEラインの弱点である擦れに弱いという特性をカバーすることにあります。魚の全長ほどのリーダーの長さがあればそれだけ魚が暴れてもPEラインには触れにくくなるので結果ラインブレイクしにくくなります。

また同じ理屈でフィールドの地形が岩礁帯であるなど荒い場合にもリーダーは長めにしておくといいです。

具体的にいうと、例えば50cmの魚を狙う場合には70cm(結んだり切ったりするので少し長めに)あればいいですし、70cmの魚を狙うのであれば1mくらいあればいいです。

水深が深く岩礁帯が深い場合には2m〜3mと長めにとる人もいます。

PE1号使用だと狙える魚のサイズは80cm〜1mくらいまで(スズキを想定)なのでリーダーは1m前後あれば十分です。

アオリイカ狙いの場合だともう少し長さは短くても大丈夫ですし、スズキ狙いでもアベレージサイズが小さい場合には短くしてもOK。

逆に狙いの魚が小さくても岩場だと擦れやすいため長めのリーダーを入れるなど臨機応変に変えてみてください。

はかせちゃん

まずはいろんな長さを使ってみて調整していこう!

PEライン1号+リーダー3号が一番使いやすくておすすめ

PEライン0.6号+リーダー2号が一番使いやすくておすすめ

PEライン1号とリーダー3号の組み合わせは、バランスが良くオールマイティーに使えるので、初心者から経験者まで幅広く使用できます。

この組み合わせは、リーダー側が細いため人によっては不安に感じるかもしれませんがドラグ調整を行うことで十分に大型魚を取れる強度がありますし、根掛かりしてしまってどうにも外れない時には先端のリーダーだけ切れるので再びノットを結び直さなくて良くなります。(リーダーの強度が同じか上の場合にはノット部分から切れます)

得意な釣りはシーバス釣りやエギング、スーパーライトショアジギングです。飛距離を出しやすく操作もしやすいのでこの号数はよく使用されています。ライトショアジギングでの飛距離を出すために使用される人もいます。

ますはPE1号+リーダー3号の組み合わせを試してみましょう。

はかせちゃん

このセッティングで困ることはほとんどないよ

PE1号とリーダーの組み合わせ一覧(強度・釣れる魚・対象フィールド)

以下は、PE1号のラインとそれぞれ強度別のリーダーを組み合わせた場合の特性をまとめた表です。表には、リーダーの強度、主に釣れる魚種、および最適な釣りフィールドを記載しています。

迷っている場合はこれを参考にリーダー設定を考えてみてください。

スクロールできます
リーダー号数強度(kg/lb)釣れる魚種対象フィールド
2.5号中(4.5/10)ギガアジ、根魚、チヌ、イサキ、アオリイカ堤防、河口
3号高(5.4/12)シーバス、大型アオリイカ、ハマチ、マダイ港、河口、サーフ
4号
(7.2/16)
大型シーバス、マダイ、ブリなどの中型青物堤防、磯
5号
(9/20)
サワラ、ヒラメ、ブリ、カンパチなど中型青物堤防、磯、根が荒いエリア

表中で強調されている3号リーダーは、PE1号ラインとの組み合わせで特にバランスが良く、幅広い釣り場と魚種に対応可能なので色々釣ってみたい人に最適!

はかせちゃん

バランスの良いセッティングは安心だね。

はかせちゃん

もう少し掘り下げて解説していくよ。

PE1号+2.5号リーダーは操作性重視

PE1号+3号リーダーで釣ったオオモンハタ

PE1号と2.5号リーダーの組み合わせはアオリイカ狙いのエギングやシーバス、スーパーライトショアジギングで使いやすく、強度よりも操作性を重視したい人はこちらの組み合わせがいいでしょう。

強度もないわけではなくイサキやチヌ、シーバスをしっかりと押さえ込んで安定したファイトができますよ。

PE1号+3号リーダーで釣ったイサキ
はかせちゃん

扱いやすくて取れる魚も多いよ

PE1号+3号リーダーはバランスに優れる

PE1号+3号リーダーで釣ったハマチ

PE1号+3号リーダーの組み合わせはかなりバランスが良く使いやすいです。

操作感は2.5号よりは落ちますが、強度はこちらが上。60cmクラスのハマチであれば問題なくキャッチできるのでアオリイカやシーバスは余裕です。

よっぽどの大型魚や引きの強い魚でない限りはラインブレイクを心配せずに遊べるでしょう。(ただしドラグ設定はしっかりと)

はかせちゃん

正直ドラグを効かせるのであればこのくらいの強度があればほとんど釣れちゃう。

PE1号+4号、5号リーダーは牙魚や大物向き

PE1号とリーダー3号で釣ったハガツオ

PE1号+4号、5号リーダーは牙魚や大物向きのセッティングです。

牙がある魚というとムツ、サゴシ、サワラ、タチウオ、ハガツオなどです。これらの魚は牙が非常に鋭く簡単にラインを切断してきます。歯にガッツリと接触している場合にはいくら太くしても切れてしまいますが、太いほど粘ってくれるようになり多少の接触では切れにくくなります。

そして単純な強度が増すため大型魚と戦う場合に有利になります。

3号リーダーよりももっと安心感が欲しい場合やサゴシやタチウオ狙いの場合には4号、5号といった太めのリーダーを使用する方がいいです。

そのほか、ノットに自信がない・ドラグ調整がうまくできないで良く切れるという人も太めの号数を使用すれば切れにくくなるためおすすめです。

荒い場所でも太いリーダーが好ましい

牙魚や対大型魚だけでなく、根の荒さで変えるのも大事です。

足場の良い堤防などでテトラポッドや海底に沈み根がなくロープなどもなくドラグ設定を緩めにして走らせられる環境であればリーダー2号や2.5号でもいいですが

あまり走らせられないようなガチャガチャした環境だとリーダー4号もしくは5号を使用し強引にやりとりする必要も出てきます。

牙や根ズレ対策に重点を置きたいなら太い号数を使用した方が無難です。

はかせちゃん

強引にやりとりしないといけない場合は太い号数だね。

PE1号+リーダー3号セッティングでおすすめの釣り

slsでPE0.6号+リーダー2号セッティングが楽しい画像1
slsでPE0.6号+リーダー2号セッティングが楽しい画像2

PE1号のラインを使う釣りでおすすめしたいのがスーパーライトショアジギングという釣りです。

これは比較的ライトなタックルで行うショアジギングのことで15g程度のメタルジグを使って40種類上の魚を狙える釣りです。

使用ルアーは小さいですが小型魚から大型魚まで食ってくるため気軽に遊べて時にスリリングなゲームも楽しめるのが醍醐味です。

同じタックルでエギング・シーバス・チヌゲームなども遊ぶことができるのも魅力。

タックルも軽量で女性や子どもでも遊びやすいので興味があれば下の記事をチェックしてみてね。

太いリーダーをつけると根がかりが地獄

太いリーダーを使用すると根がかりが地獄

ここまで書いてくると太い号数のリーダーを張った方がかけた魚をしっかりと取れそうで良いじゃないか!と思う人もいるでしょう。それはある意味そうですが、大きなデメリットが根がかりした時にノット部分から破断するということ。

こうなると根がかりでうまく外せなかった時に毎回ノットを組まないといけなくなり面倒ですし海により多くのゴミを残すことになってしまいます。

基本的にはPEライン強度よりもリーダー強度を落としておくとダメージを抑えられるためおすすめです。

大物狙いで掛かった時に安心な太糸を選択するか、操作性が良く快適に釣りができ万が一根掛かって切れた場合にもすぐに復帰できる細糸を選択するかは釣り人の好みや腕前にもよるところです。

はかせちゃん

メリットとデメリットは実際に体験してみた方がよくわかるかもね。

筆者がおすすめするPE1号とリーダー3号の最強セットアップ

僕が主に使用しているセットアップを紹介。

この組み合わせで不安なく中型青物(ハマチ70cm5kg位程度)もキャッチできます。

アーマードFシリーズはPEラインの位置付けですが通常の製法とは違った作られ方をしており通常のPEラインよりも耐摩耗性や飛距離に優れるのが特徴です。

そして長所であり短所でもあるのがその伸びにくさ。これが原因でラインブレイクが起こりやすいのでリーダーは程よく伸びるものがいい。

そこで辿り着いたのがこのセットアップ。

この組み合わせにしてからラインブレイクが大幅に減ってライントラブルも無くなりました。

\色分けされてるモデルも便利/

PEライン1号とリーダーを結ぶのに適したノットは?

PEライン1号でリーダーを結ぶときのノットはSCノットがおすすめです。

このノットは摩擦系のノットのなかで非常に簡単なうえ強度が最強に近いという代物。

FGノットは不器用で組めないという人も安心で、僕も僕の友達も不器用ですがSCノットは問題なく組めました。

現在僕はPE0.6号以上のライトゲームからエギング、シーバス、スーパーライトショアジギング、ライトショアジギング、大型平政狙いのショアジギング、ショアプラッキングまで全てSCノットを使用していますが不満は一切ないです。

他にも簡単なノットはありますがここまで簡単で結束強度の出せるものはありません。覚えておくと大物釣りにも使用できるのでこの機会に覚えてみてください。

PEライン1号の適正リーダーまとめ

PEライン0.6号の適正リーダーまとめの画像

今回はPE1号のラインを使用した時に合わせるリーダーは何lb(号)がいいのか。ということに焦点を当てお話ししてきました。

おさらいすると、PEライン1号に合わせる場合に最もバランスが良くおすすめなのがリーダー3号(5.4kg/12lbです。

操作感重視ならリーダー2.5号(4.5kg/10lb)

牙魚や大物重視、荒いフィールドで釣る場合や自分が組んだノットに不安・ドラグ調整が不安ならリーダー4号(7.2kg/16lb)または5号(9kg/20lb)がおすすめ。

とりあえずまずはPEライン1号+リーダー3号のセッティングで釣りをしてみて太くする、細くするといったカスタマイズを試してみると面白いかと思います。

今回はこのへんで。

でわでわ。

スクロールできます
リーダー号数強度(kg/lb)釣れる魚種対象フィールド
2.5号中(4.5/10)ギガアジ、根魚、チヌ、イサキ、アオリイカ堤防、河口
3号高(5.4/12)シーバス、大型アオリイカ、ハマチ、マダイ港、河口、サーフ
4号
(7.2/16)
大型シーバス、マダイ、ブリなどの中型青物堤防、磯
5号
(9/20)
サワラ、ヒラメ、ブリ、カンパチなど中型青物堤防、磯、根が荒いエリア

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

山陰エリアを中心に20年以上釣りを楽しんでいるなかせです。
ライトゲームを中心に釣りに役立つ情報を発信していきます。

コメントはこちらに

コメントする

CAPTCHA

この記事の内容