\ 最大10%ポイントアップ! /

初心者必見!釣り用語まとめ!これで釣り人の言っていることが分かります!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

どうも。なかせです。

  1. 釣りを始めてみたいけど、専門用語がたくさん出てきてとっつきにくい!
  2. 釣りを始めたけど釣り仲間の言っていることが分からない!
  3. 動画をよく見るけど言っていることの意味がいまいち分からない!
  4. 釣りの記事見てても専門用語が出てきてよく分からない!

この記事を見てくださっている方はこんな思いがあるのではないでしょうか?

僕もよく分からず、いちいち調べてはまた専門用語が出てきて、分からなくなくて調べて結局何がなんだか分からなくなってしまう。

そんな経験があります。

この記事では、釣りの場面や動画や記事の中でよく出てくるであろうワードとその意味を一覧として表示します。

釣り動画を見たり記事を読む際や釣り場での情報収集の際などに辞典のように活用してみて下さい。

この記事で分かること

釣りの専門用語とその意味について

釣りのルールやマナーについて解説しています。自分含めみんなが気持ちよく釣りを楽しむためにも是非一読ください。

あわせて読みたい
釣り人が守りたい17の基本マナーとルールを学ぶ。今日から気をつけよう! どうも。なかせです。 最近は新型コロナウイルスの影響もあって釣りやキャンプといったアウトドアが人気を博していますね。 釣り場でも釣りを始めたばかりかな? という...

ゴミ問題も深刻です。興味のある方は以下の記事もご覧になって一緒に釣り場を守りましょう。

あわせて読みたい
釣り場のゴミ問題。釣り場を守るために今日からできること5選。みんなで海を守ろう! どうも。 なかせです。 昔からある問題ですが、コロナ禍で釣りを楽しむ方が増えたことで更に深刻化してきている問題があります。 それは… ゴミの問題です。 ゴミ問題で...
この記事の内容

釣りの専門用語

あ行

青虫あおむしアオイソメというエサ釣りで使う虫エサ。万能エサ。
青物あおものアジ、サバ、サワラ、ブリやカンパチ、ヒラマサといった背の青い海遊魚の総称。
赤潮あかしおプランクトンの大量発生から潮が赤く濁る現象。
アクション 主にルアーの動きを指す言葉。
上潮あげしお潮位が上がってくる状態。満潮という潮が満ちた状態に近づいていっている状態。
浅場あさば水深の浅い場所。
あさマズメ日の出前後の時間帯のこと。
アシストフックルアーにつける針。
アジングアジをルアーで釣ること。
アタック魚がルアーやエサを食べようとして当たってくること。
アタリ魚がルアーやエサに食いつき、竿や糸に反応が出た状態。
穴釣あなつテトラポットや敷石などの隙間に仕掛けを落として魚を狙う釣法。
アニサキス魚やイカなど数多くの生物に寄生する寄生虫。
アワセアタリが出た時に竿をあおり、釣り針を魚の口に食い込ませる行動。
アワセアワセをした時に釣り糸が切れてしまうこと。
アングラー釣り人を指す言葉。
生き生きている状態のエサ
イソメ細長い体が特徴的な多毛類。海のミミズのようなもの。
つき回遊性のある魚が同じ場所に住み着くこと。体色の変化などが出る。
糸鳴いとなリールを巻いた時にシュルシュルと音が鳴ること。
いとフケ釣り糸がたるんでいるいる状態。
仕掛けを投入するたびに魚が釣れる状態。
インチ長さの単位。1フィート(30.48cm)の12分の1。2.54cm。
ウエイト重さ。ルアーウエイトというように使われる。
うえカゴ撒き餌を入れたカゴの付いた仕掛けで魚を狙う釣法のうち、仕掛けの上にカゴを付ける釣法。
ウェーダー腰や胸までの長さの防水装備。川や海に侵入し釣りを行うための道具。
ウェーディング   ウェーダーを履き、海や河川に入り釣りをすること。
ウォブリング 左右に体を振りながら泳ぐ様子。ルアーの動きの一つ。
ウキ仕掛けを水に浮かせ、魚のアタリを視覚的に捉えるための道具。
ウキしたウキから針までの部分を言う。ウキ下○mという風に言ったりする。
エアーノットPEラインのトラブルの一つ。勝手に糸に結び目ができてしまうこと。
エイトトラップ水面でルアーを8の字を書くように動かすことで魚を誘うテクニック。
餌木えぎイカを釣るための擬似餌(ルアー)のこと。
エギンガーイカ釣りを行っている釣り人。
エギングイカをエギで狙う釣法。
餌釣えさつ餌を用いて魚を釣る釣り人のこと。
エサとり狙いの魚以外の、エサを取っていく魚達。
S字ルアーの動き。巻いてくるとSの時を描くように泳ぐ。リアルな魚のような動き。
エステルラインポリエステル製の釣り糸。
エラあら針を外そうとして水上に飛び出して暴れる様子。スズキという魚がよく行う。
エリアトラウト管理釣り場でトラウトをルアーで釣ること。
遠投えんとう仕掛けを遠くに投げ込むこと。
複数の針が付いた仕掛けで、一匹掛かった後に更に複数の魚がかかること。
大潮おおしお潮の満ち引きが最も大きい潮周期。満月や新月時に起きる。
おかっぱり陸地のこと。陸からの釣りを指す。
おき陸っぱりの反対の意。岸から遠く離れた海上や湖上を指す。
オキアミエビに似た釣りエサ。定番のエサ。プランクトンの一種。
竿ざお仕掛け投入後に竿を地面に置いたり立てかけたりして魚が食うまで放置する釣り方。
オシュレートスピニングリールのスプールとローターの同期機構。糸を密に巻くのに影響する。
水深が急に深くなる地形。
とし防波堤などで壁沿いに仕掛けを落とす釣法。
おにアワセ魚のアタリに対して鬼のような反射速度で強烈な合わせ動作を入れること。
オフショア沖での釣り。船釣りを言う。
オフセットフック主にカサゴなどの水底に生息する魚を釣るための釣法。仕掛けが引っかかり(根がかり)にくくなっている。
まつ釣り人同士で仕掛けが絡まること。
オモリ仕掛けを沈めるためのもの。鉛やタングステンでできている。
オンス    重さの単位。1Lb(ポンド)の16分の1で28.35g。1Lbは約450g

か行

ガイド竿に取り付けられた、糸の通るリング状のパーツ。
回遊魚かいゆうぎょエサを求めて多くの海域を泳ぎ回る魚の総称。
外洋がいよう外海ともいう。陸から遠く離れた広い海。
カウントダウンルアー釣りにおいて魚の泳層を探る時や底までの距離を探る時に数を数えるやり方。
カエシ針が外れにくいように設置された一方通行の突起。
カケアガリ水底が深場から浅場に向かって斜面になっている地形。
調子ちょうし先調子ともいう竿の性質。竿が先端から曲がり始める。
カゴ撒きエサをいれたカゴを用いて魚を狙う釣法。カゴを上につける方法と下につける方法がある。
風裏かぜうら山や岩、防波堤などで風を遮れる場所。風が背中側から吹くような場所。風が強いから風裏に行くなど。
かた魚の大きさを表す。大きな魚は型が良いという。
活性かっせい魚の食い気を表す言葉。
カーブフォール糸が出ない状態でルアーが振り子の要領で手前側に帰ってきている状態。テンションフォールともいう。ルアー釣りのアクションの一つ。
カレント流れのこと。流れ込みや風の影響で発生する水流も含む。
岩礁がんしょう水中に隠れている大きな岩。また、水面上にわずかに出ている岩。
ガンだま小さな球体状のオモリ。
干潮かんちょう満潮の反対の状態。潮が引いており、潮干狩りなどが楽しめる。
岸壁がんぺき船舶を横付けするために港や運河の岸に沿い、垂直に築いた壁。
干満差かんまんさ満潮という潮が満ちている状態と干潮という潮が引いている状態の水位の差。
ギアハンドルを1回転させた時にローターが何回転するかを表した数値。
ギガアジ40cmを超えるマアジの俗称。
擬似餌ぎじえエサに似せて作った道具。ルアーともいう。
汽水域きすいいき淡水と海水が混じり合う水域のこと。
キープ釣れた魚を持ち帰るか迷う時に一時的に生かしておくこと。
キャスティング竿を振って仕掛けを投げ込むこと
キャッチ&リリース     釣れた魚を生かしたまま逃すこと。
ギャフ大物や重量のある魚を引き上げるための道具。
魚影ぎょえい魚の数や密度を表す。魚が多いと魚影が濃い、少ないと魚影が薄いと表現する。
漁港ぎょこう漁業の中心となる港のこと。漁師の仕事場。
魚探ぎょたん魚群探知機のこと。
きわ堤防の岸際や端のことをいう。
魚がエサを海面に追い詰め捕食すること。水飛沫が上がることもある。
魚がエサやルアーを食べること。
しぶ魚がエサをなかなか食べない状態。なかなか釣れない状態。
魚とのやりとり中に魚の口が切れて針が外れてしまうこと。
クラック割れ目やヒビのこと。
グリスリールのメンテナンスに使用する粘性の高い潤滑油。
グリップ竿の握る部分。
グリップエンド竿の握る部分のうち、一番根本の部分。
わせのルアーの動きを止め魚が食いつく時間を与えること。
ゲイブ釣り針のこと。針の形状で外側に向いていればオープンゲイブ。内側に向いていればクローズゲイブ、その中間をストレートゲイブという。
ケイムラ紫外線が当たることで紫色(実際には青白い)に発光するもの。蛍光紫の略。
外道げどう狙っている魚以外の魚をそう呼ぶ。
ゲームフィッシング    糸の太さや使用釣具など決められた規格の中で指定された魚を釣り、その魚のサイズや重量で競うもの。
ゴカイミミズに似た生きエサ。定番エサ。
小潮こしお潮の満ち引きが小さい潮周り。
小魚こざかな小さな魚。
コマセ撒き餌のこと。魚を寄せるための餌。
五目釣ごもくつ様々な魚を狙うこと。釣ること。5種類の魚を釣るなどの意。
ゴリ魚が掛かっている時にリールをゴリゴリと巻きまくること。
ゴロタ海岸にある、波の影響で岩や石の角が取れたものを言う。そういう浜をゴロタ浜という。

さ行

竿さお釣竿のこと。ロッドともいう。
竿先さおさき釣竿のうち、先端部分をいう。ティップという言い方もする。
サイトフィッシング  魚が見える状態で魚を釣ること。
先糸さきいとメインの糸の先に付ける糸。リーダーと言ったりもする。
先調子さきちょうし竿の性質。先端部分から曲がり始める竿をいう。アタリが取りやすくルアーの操作が得意。
さぐ魚の居場所を探すこと。また魚が食うアクションを探すこと。
しお潮が引いていってる状態。
しエサ釣り針に付けるエサのこと。
サスペンド停止状態で浮いたり沈んだりしないように設計された物。ルアーなど。
さそ仕掛けを動かして魚の興味を引くこと。
サビキ撒き餌で魚を寄せ、擬似餌の付いた針で魚を釣る釣法。
サビく仕掛けをゆっくりと引き魚を誘うこと。
サーフ砂浜のこと。キスやヒラメ、マゴチなど狙える。
サミングリールから出る糸の勢いを指を用いて調整する動作。
サラシ波が岩などにぶつかり泡立ち、白くなっている状態。
サルカン釣り糸同士を結ぶ金具。
時合じあ魚の食い気が立つ時間帯。チャンスタイム。
シェイク竿先を細かく動かし、ルアーを小刻みに動かし魚を誘うテクニック。
しお潮流。海水の流れ。潮が早い、潮が動かないと言ったりする。
潮通しおど潮の流れ。潮通しが良いと言い、潮がよく流れていると回遊魚が回遊しやすい。
潮止しおどまり干満の変わり目付近の潮の流れがストップする。または緩やかになる状態。
潮目しおめ潮と潮がぶつかって潮の流れが緩やかになっている場所。餌が溜まりやすく魚が集まりやすいポイント。
仕掛しか糸、オモリ、針などで構成された魚を釣るための部分。
ジギングメタルジグというルアーで魚を狙う釣法。
ジグ鉛やタングステン製の魚を模したルアー。
ジグヘッドオモリと針がセットになった釣具。
時化しけ海が荒れている様子。
シーバススズキという魚のこと。
しぶなかなか魚が釣れない状態。魚が食ってこない状態も言う。
める(シメる)魚の鮮度を保つために魚を即死させること。
シモリ干潮でも水面下に沈んでいる岩礁のこと。魚が集まりやすい。
シモリだまウキを使う釣りでウキ止めとして使う物。ストッパーの糸を越えないように玉を入れて使う。
シャクリ竿を上下に動かし仕掛けを動かすこと。
ジャーク竿を大きく動かしルアーを大幅に動かすこと。
シャッド小魚を模したルアー。
シャロー浅い様子。浅いエリアをシャローエリアという。
シャンク針の長さのこと。短いものをショートシャンクという。
出世魚しゅっせうお成長度合いによって呼び名の変わる魚。ブリが有名。
ショア陸地のこと。陸っぱりと同じ意。オフショアの反対の意。
ショアジギング陸からジギングをすること。
上層じょうそう水中のうち上の方をいう。
ショックリーダー主にルアー釣り時にPEというラインの先端に付けて使用する糸。ナイロンやフロロカーボンでできている。
ショートバイト魚のアタリが小さくなかなか針がかりしない状態。
シンカーオモリのこと。
シンキング静止状態で沈んでいく構造。シンキングルアーといったりする。
神経締しんけいじ魚を新鮮に持ち帰るための方法。神経を破壊し死後硬直を遅らせることが目的。
スイベル糸と糸を繋ぐ金具。回転機構があり糸のねじれを軽減する。
スカートタイラバなどのルアーについているゴム状のヒラヒラ。
スカリ魚を生かしてキープする道具。網で出来たカゴに紐がついており水中に入れておく。
スキッピングルアーを投げるテクニック。水切りのように水面を跳ねさせて、直接投げ込めない場所にルアーを届ける。
スッテイカを釣るための擬似餌。
ステイルアー釣りでルアーを動かさずに止めておくこと。
ストリンガー釣った魚をキープするための道具。金具を魚の下顎に貫通させ固定し水中に入れておくことで魚を生かす。
ストップ&ゴー泳がせては止めるを繰り返すルアーの動かし方。テクニック。
ストラクチャー障害物のこと。
スナップ糸の先に結び、金具の開閉をすることでルアーを簡単に交換できる道具。
SLSスーパーライトショアジギングのこと。非常にライトに楽しめるジギング。
スピニングリール一般的なリール。
スプールリールの糸が巻かれている部分。
スラッグラインスラッグともいう。糸フケといい糸のたるみのこと。
ずる水底を仕掛けを引きずるように引いてくること。
スレがかり釣り針が魚の口元ではない場所に引っ掛かっている状態。
スレる魚の警戒心が高まり、魚が釣れにくくなっている状態。
背掛せが小魚の背中に針を通し大物の魚を狙うこと。
瀬替せがわり沖磯へ渡った後、他の磯に移動すること。
瀬泊せどまり沖磯の上で夜を過ごすこと。
瀬渡せわた船を利用し沖にある堤防や磯に渡らせてもらうこと。
側線そくせん魚の両脇に一列に並んでいる感覚器官。水流や圧力を感じるといわれる。
ソゲ40cm以下のヒラメをそう呼ぶ。
底取そこと仕掛けを水底まで落とすこと。
底物そこもの水底を住処にしている魚の総称。カサゴやヒラメ、カレイなど。
外海そとうみ沖、外洋などの意。
ソフトルアーワームなどの柔らかい擬似餌。ワームという。
ソリッド中が空洞になっておらず詰まっているもの。竿の先端が詰まっているものをソリッドティップという。
ソルトルアー海水使用を前提で作られているルアー。

た行

タイドグラフ潮汐、潮見表。
タイドプール干潮時に磯くぼみにできる潮溜まり。数多くの生物がいる。
タイラバ鯛を釣るための擬似餌のこと。
高切たかぎキャストした時に仕掛けが途中で切れてしまうこと。
ただルアーのアクションの一つ。特別なテクニックを必要とせず、ただ投げて巻いてくるだけのアクション。
タックル竿、リール、仕掛けなど一式のこと。
ダートルアーのテクニック。左右に激しく動き、小魚が逃げ惑う様子を演出する。
タナ魚の泳いでいる層。タナを探るという。
タフコンンディション風、波、気温、水温、潮回りなどの釣りに関わる条件が合わず、魚を釣ることが難しい状況。
タモ魚をすくう網のこと。
タラシ仕掛けを投入する時に糸を先端から垂らしていること。タラシを長めにとるという。
血合ちあ血合い肉ともいい魚類に特有の筋肉。回遊魚などの長時間の運動を可能にする働きがある。暗赤色で栄養豊富。
チェイス魚がルアーを追いかけ付いてくること。
力糸ちからいと投げ釣りの時道糸の先に付ける糸をいう。
チニングルアーで黒鯛(チヌ)を釣ること。
着水ちゃくすい仕掛けを投入し水に着いたことをいう。
着底ちゃくてい仕掛けが水底についたこと。
中層ちゅうそう水中のうち、中間に位置する場所。
チューブラ仲が中空のこと。穂先が中空な場合チューブラーティップという。
ちょい投げ本格的な投げ釣りではなく、ルアーロッドなどコンパクトなロッドで楽しむ投げ釣り。
釣果ちょうか釣りの成果のこと。
釣行ちょうこう釣りに出かけること。
チョンエサを針先にチョンと付けること。
けエサ針につけるエサ。
釣りをする場所。
デイゲーム日中の釣り。
ティップ竿の先端部分のこと。竿先ともいう。
ディープエリア水深の深い場所。
堤防ていぼう水害から守るために建造された人工物。
手返てがえテンポのこと。手返しがいいという。
テグス釣り糸のこと。
テクトロテクテクトローリングの略。防波堤などの際にルアーを落としそのまま歩いて魚を誘う釣り方。
デッドスローリトリーブ非常にゆっくりとリールを巻くこと。
テンション糸の張り具合のこと。
テンションフォール   水中で糸を張っている状態で手前に向かって自然に仕掛けが落下していっている状態。
天秤てんびん主にキス釣りで使用される釣具。
テンヤオモリと針が一体化した釣具。ジグヘッドのようなもの。エサを付けて使用する。
トゥイッチ小刻みな竿の動きでルアーを操作し魚を誘うテクニック。
胴調子どうちょうし竿の性質。竿の先端でなく中間寄りの部分から曲がり始める。
としなし50センチを超える黒鯛の呼び名。
渡船とせん渡し船。沖磯や沖堤防など船で訪れる釣り場へ船を出してくれる。
ドッグウォークルアーのアクション。ルアーが頭を左右に揺らしながら泳ぐ様が犬が歩く様子に見えることからそう呼ばれる。
トップ水面のこと。
トップウォーター水面のこと。水面で誘うルアーをトップウォータールアーという。
トップゲーム沈まないルアーを用いて水面で魚を誘う狙い方。
トラウトマス類の魚の総称。ヤマメやイワナ、ニジマスなどをルアーで狙う際に使われる。
ドラグ逆回転機構。設定した力以上の力が加わると逆回転しラインを放出し糸が切れるのを防ぐ機構。
掛けた魚をタモなどを使い陸地へ引き上げること。
鳥山とりやま大魚が小魚を水面に追い込みその魚を狙って鳥が集まる様子。大チャンスとされる。
トレブルフックルアー釣りに使う3本セットの針。トリプルフックともいう。

な行

ナイトゲーム 夜釣りのこと。
ナイロンラインナイロン素材の釣り糸。定番の糸。
中潮なかしお潮の満ち引きが中くらいの潮周り。
長潮ながしお潮の満ち引きが最も少ない時の潮周期。
中通なかどおしオモリ道糸を通す穴が中心に空いているオモリのこと。
なぎ風や波が無く海面が非常に穏やかな様子。
仕掛けをキャストし魚を釣る釣法全般をいう。
ナブラ大魚が小魚を海面に追いやってバチャバチャと視覚的に見える形で捕食している様子。
入魂にゅうこん新しく購入した釣竿で魚を釣り、竿に命を吹き込むこと。
二枚潮にまいじお上と下の層の潮の流れが異なっている状態。
げる掛かった魚をタモやギャフを用いず竿だけで陸に上げること。竿の破損に注意。
水底にある岩礁など引っかかるものをいう。
ネイティブ      天然の魚の意。
ネイルシンカーネジのように埋め込む形状のオモリ。
がかり水底の岩礁などに仕掛けを引っ掛けてしまうこと。
ネクタイ鯛ラバというルアーに付いているゴムのヒラヒラ。
根魚ねざかな水底を住処にしている魚の総称。
ズレ水底の岩礁などに糸が擦れている状態。
納竿のうかん竿を納める。釣りを終わること。
ノーシンカーオモリを使わずに針とワームだけの仕掛け。
伸す魚の引きで竿が下方向に持っていかれること。竿がのされるという。
産卵期を迎えた魚。
ノット糸の結び方。
竿ざおリールを使用せずに竿先に糸を付け行う釣り方。
ノーマルギアハンドル1回転あたりの糸巻き量が多くも少なくもない標準的なリール。
魚が針がかりしたことをいう。

は行

場荒ばあ同じ釣り場で継続して釣りをしていることで魚の警戒心が上がって釣れにくくなること。
配合はいごうエサ撒き餌に使用される人工的に配合されたエサ。
ハイシーズン狙う魚が非常に釣れやすい時期。
バイトルアーに魚が食いつくこと。
バイトマーカールアーにある魚が食いつくための目印。色やマーク。
バイブレーション水中で細かく振動するルアー。
ハイプレッシャー釣り人が多い場所など魚の警戒心が高まっている状況。
パイロットルアーその日の状況を探る先発のルアー。
爆釣ばくちょう大漁な様子。
はし針がかりした魚が勢いよく泳ぎ回る様子。
バーチカルジギング船からジグを垂直に落とししゃくり上げてくる誘い方。
バチコンバーチカルコンタクトの略。ボートから重めのオモリを垂直に落としてアジを釣るルアー釣り。
バチゴカイが産卵のために泥底から這い出て水中を浮遊している様子。魚が釣りやすい状況。
バッカン撒き餌や釣り道具を入れておける防水性のバッグ。ロープ付きの水汲みバケツをそう呼ぶ場合もある。
バックラッシュベイトリール使用時のトラブルの一つ。糸が出すぎて絡まる現象。
パックロッド竿の継ぎ数を増やして外して束ねた時にコンパクトになる竿。旅行バッグなどにも入れられるサイズになる。
バット竿の持ち手部分より上の部分。竿の一番パワーのある部分。
ハードルアープラスチックや金属製など固い材質のルアー。
バーブ針に付いている返し。一方通行であり返しが貫通すると外れなくなる仕組み。
バーブレス返しがない針。貫通しやすく抜けやすい。魚に優しい。
はやアワセ魚のアタリに対してとっさにアワセ動作をしてしまうこと。針がかりしにくい。
バラす掛けた魚にやりとり中に逃げられてしまうこと。
ハリスリーダーのこと。先糸などともいう。
バレる掛けた魚にやりとり中に逃げられること。
パワーフィネスパワーのあるスピニングリールにPEラインを巻きで障害物周りを主に狙う繊細な釣り。バス釣り。
ハンドランディングネットを用いず、手で魚を陸地に上げること。
ハンドルリールの回す部分。
ハンドルノブリールの回す部分のうち握る部分。
PEぴーいーラインポリエチレン製のライン。複数の細糸を束ねて一本の糸にしている。引っ張り強度が高いが擦れに弱い。
しお干潮に向かって潮位が下がっていくこと。
ピックアップ仕掛けを回収すること。
ヒット魚が針がかりすること。
ヒラ魚が一瞬体をくねらせるような動作。ルアーでもそれに似た動きを呼ぶ。
ヒロ両手を広げた時の長さを1ヒロという。仕掛けの長さを表現する時に使う。
ファーストテーパー竿の先端から曲がる性質の竿。先調子ともいう。
ファストリトリーブルアー着水後、早いペースでリールを巻くこと。
フィッシュイーター小魚を食べる魚。魚食性の魚でルアーのターゲットになる。
フィッシュグリップ魚の口に引っ掛けて持ち上げるための器具。魚を挟むトングのようなものもフィッシュグリップと呼ぶ。
フィート長さのこと。1フィート=約30.5cm。
フィネス繊細な様子。繊細な釣りをいう。
フォール沈んでいくこと。
フカセ釣り刺し餌をつけその周りに撒き餌をし魚を釣る釣法。
深場ふかば水深の深い場所。
フケ糸のたるみ。糸フケという。糸がフケるという。
フッキング魚が針がかりすること。アワセること。
フック釣り針のこと。
フックアウト魚にかかった針が外れること。
フックキーパーロッドに装着しておき、移動時など針を引っ掛けておくパーツ。あると便利。
ブッコミオモリと針とエサの構成で、仕掛けを投入し魚が食いつくのを待つ釣り方。
プライヤー針を外したり、糸を切ったり、ガン玉を潰したりと多機能な器具。
プラグ木やプラスチックでできたルアー。
ブラクリ主に穴釣りで使用される仕掛け。オモリと針が一体化している。
プラッキングプラグを使う釣りのこと。
フラッシングルアーの動きでルアーに光が反射してキラッとすること。魚の食欲を刺激する。
フラットフィッシュ平べったい魚の総称。ヒラメやカレイ、マゴチなど。
しロッド継ぐタイプの竿ではなく、中に収納してあるものを引っ張り出して使う竿。
ブレイクカケアガリのこと。水底が深場から浅場に向かって斜面になっている地形。また、ラインブレイクという糸が切れることもいう。
ブレイクライン水底が深場から浅場に向かって斜面になっている地形。
プレッシャー魚にかかる外的な影響。
ブレードルアーに取り付ける金属の回転板。キラキラと光ってアピールする。
フローティング静止状態で浮くものをいう。フローティングルアーと言ったりする。
フローティングベスト救命胴衣。必ず着用しよう。
フロロカーボンフッ素と炭素が材料の糸。水をあまり吸わず劣化が少ない。釣り糸の中では比重が一番重い。
ベアリングボールベアリング。数が多いほど回転が滑らかになる。
ベイト肉食魚の餌となる小魚のこと。
ベイトタックルベイトロッドとベイトリールを用いたセット。
ベイトフィネスベイトタックルで5gに満たない軽量のルアーを使う釣りのこと。
ベイトボール餌となる小魚が群れている様子。
ベイトリールベイトロッドに装着して使用するリール。扱いに慣れが必要。
ベタなぎ波や風がなく湖のような水面の状態。
ヘチ水際や岸際の意。
ヘビータックル重たくて強いタックル。大物用。
ベール糸を巻き取るための器具。糸が巻ける状態ではベールを起こすと糸が出る状態に、戻すと巻けるようになる。
偏光へんこうグラス眩しさの低減や水面のギラツキを抑えるために使用する道具。水中の様子や魚の様子がある程度見えるようになる。
ペンシルベイト鉛筆のように細長い形状のルアー。
ペンペンシイラの幼魚。
ボイル魚が餌を水面で捕食する様子。餌のオキアミを茹でたものをオキアミボイルともいう。
ポイント釣り場のこと。
ボウズ魚が全く釣れずに釣りを終わること。
穂先ほさき竿の先端部分のこと。
ボトム水底のこと。
ボトムパンピング水底にルアーを沈め、水底を叩くように浮かせては落とすを繰り返すこと。
ポッパー水面で水飛沫と大きな音でアピールするルアー。
ポンド重さのことでlbと表記する。1lb=約0.45kg。釣り糸の強度の表記で良く使用される。
ポンピング魚を引き寄せるためのテクニック。竿を上げ下げる時に糸を巻き取る動作。
ポンプリトリーブ手首だけで竿をゆっくりと立てるようにしてルアーを動かすテクニック。

ま行

きアワセアワセるなどのロッド操作をせず、巻いているだけで針掛けすること。
魚を寄せるために撒くエサ。コマセともいう。
きもの巻くだけでアピールするルアー。ミノーやバイブレーションなど。
孫針まごばりバラシを防止するために設置された小さめの針。
マズメ魚のメインとなる食事時間。朝マズメや夕マズメといい人間で言うところの朝ご飯、晩御飯みたいなもの。
マッチザベイトその時々で魚が食べている餌にサイズや形を合わせてルアーを選ぶこと。
マテリアル材料・素材のこと。
みおすじ川や海など船が通ったりして深くなっている場所。魚の通り道にもなる。
水潮みずしお雨が降り、海水中の塩分濃度が低下している状態。
道糸みちいとメインの糸。ハリスとの接続部までの糸。
しお潮位が上がってくる様子。
ミノー小魚を模したルアー。
ミャクウキを使わずに竿先や目印の変化でアタリをとる釣り。
こうアワセアワセを入れずとも魚が勝手に針がかりすること。
むしエサイソメやゴカイなどの釣り餌。
メソッド方法、方式、手法、やり方などの意。釣り方。
メタルジグ魚に模した鉛やタングステン製の金属ルアー。
メッキヒラアジ系の魚の幼魚の総称。
目通めどお泳がせ釣りの時の刺し方の一つ。目玉と軟骨の間に糸を通し頭の上で固定する。
メンディングラインメンディングといもいう。風や潮を考えてライン操作し仕掛けを思い通り動かすこと。
海藻のこと。
もじり魚の波紋。水面で魚が動くと視覚的に確認できる。
モノフィラメントナイロンラインのこと。
モバイルロッド持ち運びが楽なコンパクトになる竿。パックロッドともいう。

や行

やり取り掛けた魚を釣り上げるための行動。ファイトともいう。
せる掛けた魚を手元に寄せること。
餌の小魚やそれを捕食する大魚が岸または、自分に近い位置に寄ってくること。
ヨリ仕掛けや道糸のヨリ(よれ)を取る道具。
ヤエン生きたアジを泳がせてアオリイカを狙う釣法。
ゆうまずめ日没前の魚の食事時間。チャンスタイム。
よれ潮のよれ、糸のよれ。潮同士がぶつかって流れの変化などが起こりそこにプランクトンなど溜まる。

ら行

ライズ魚が水面で餌を捕食している様子。
ライトゲーム小型のルアーを用いて行う釣り。
ライトタックルルアー釣りにおいて軽量の仕掛けを扱うのに適したセット。
ライン釣り糸のこと。道糸やハリスなど糸全般。
ラインスラッグ糸がたるんでいる状態。糸フケともいう。
ラインテンション糸の張り具合のこと。
ラインブレイク糸が切れること。
ラインメンディング風や波などで仕掛けの操作が困難な時にロッド操作などで調整するテクニック。
ラインローラー糸の向きを変えつつスプールに巻き取っていくためのパーツ。
ラトルルアーの内部に玉が入っており、ルアーを動かすとカラカラと音がなり魚やイカを誘う。
ランカー魚種ごとの大型サイズのこと。
ランガンポイントをスピディーに探り次々と釣り場を変えていくこと。
ランディング掛けた魚を取り込むこと。陸上に引き上げること。
リアクションバイト魚がルアーの動きに反射的に食いついてくること。
リグルアーの仕掛けのこと。
リーダーメインとなる糸の先につける糸。
リトリーブリールを回し糸を巻いてくること。
リフトアンドフォールロッドの上げ下げで魚を誘うテクニック。
リリース釣った魚を逃すこと。
リーリングリールを巻くこと。
リール釣り糸を巻き取るための道具。釣り竿にセットして使用する。
リールフットリールと竿とを接続するための部分。T字になっている。
ルアー魚を模して作られた擬似餌。プラスチック製や鉛製、樹脂製など様々なものがある。
ルアーウエイト竿などに表記されている何gまでのルアーを扱えるかという指標。単にルアーの重さを表現する時にも使われる。
ルアーマンルアー釣りをする釣り人。
レンジキープルアー釣りにおいてルアーを一定の深さで保つためのテクニック。
ローギアリールのギア比。ゆっくりと巻くのに適している。自転車でいうところの1速、2速に相当する。
ロックショア磯場からルアーを用いて魚を狙うこと。
ロックフィッシュカサゴやハタ類など岩場や水底、障害物の隙間などを主に棲家としている回遊性の低い魚の総称。
ロッド釣竿のこと。
ローリングアクションルアーのアクションの一つ。ルアーが軸を中心として左右に倒れるように泳ぐ様子。

わ行

若潮わかしお長潮の翌日。潮の干満差が徐々に大きく大潮に向かっていく。
魚が水面で餌を捕食する様子。ナブラ、ボイルともいう。魚の活性が上がっている状態。
湾奥わんおく湾内の更に奥の部分。
ワンド川や海など入江状に深くえぐれている場所。
湾内わんない湾の内側。海が陸地に大きく入り込んでいる地形。
ワンピッチジャークジギングの基本的なアクション。しゃくって巻くという動作を繰り返すこと。
ワインドジグヘッドとワームを用いた釣法。ワームを左右に大きく動かし魚を誘う。
ワームプランクトンや小魚などの動きや形を模したゴムや樹脂などでできたルアー。ソフトルアーとも言う。
ワイヤーリーダー太刀魚やサワラなど歯の鋭い魚に切られないように作られたワイヤー製のリーダー。

こちらもオススメです!

釣りをもっと楽しみたいなら釣りビジョンVODがオススメです。簡単に3分で登録でき、14日間無料で試すこともできますので興味のある方は是非登録してみてください。

あわせて読みたい
釣りビジョンVOD登録してみた!登録してみて分かったメリット・デメリットを忖度なく伝えます! どうも!なかせです。 みなさん釣りビジョンVODはご存じですか?? この記事を覗いて下さった人の中には 釣りビジョンVODってそもそもどんなサービス? 釣りビジョンVOD...
あわせて読みたい
釣りビジョンVODの登録方法を画像付きでどこよりも簡単に解説! どうも!なかせです。 日本で唯一の釣り専門動画配信サービスである釣りビジョンVODは登録することで 7000本以上の動画が見放題でとても魅力的ですが、初めて利用す...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

山陰エリアを中心に20年以上釣りを楽しんでいるなかせです。
ライトゲームを中心に釣りに役立つ情報を発信していきます。

コメントはこちらに

コメントする

CAPTCHA

この記事の内容