メバリング

【これで安心!】メバリングの始め方。タックルや釣り方など徹底解説!やらなきゃもったいない!?

どうも。なかせです。

みなさんメバルを釣っていますか?

メバルは冬から春にかけて最盛期を迎えルアーでも気軽に狙えるターゲットです。

釣って楽しい、食べて美味しい最高のターゲットなのでやったことないよって人は是非ともこの記事を見ていってくださいね。

この記事では海釣り歴9年の筆者がメバルゲームの楽しさや始め方を解説します。

この記事で分かること

メバリングの魅力

メバリングに必要な道具

メバルの釣り方

メバルのつれる場所

メバリングって?

メバリングはメバルをルアーを使用して釣ることを言います。

その中でもワーム(ソフトルアー)を使うものとプラグ(ハードルアー)を使うものに分けられます。

メバリングの魅力って?

皆さんメバリングって聞いてどういう印象を持ちますか?

僕はハマる以前はあまり良い印象を持っていませんでした。

それこそ、わざわざ狙う意味が分からん!!アジングでアジのついでに釣れるもの。

って感じでした。

なぜハマったかというと、アジングの気分転換に1つプラグを買ったことがあるんです。それを使ったらメバルが爆釣しました。そしてバコン!ってメバルが水面を割ってルアーに出てくるのが大興奮でした。

持ち帰って食べてみるとこれがまた絶品で、また釣りに行こうって思う様になりました。

そしてアジは回遊がなければ釣れないのに対して、メバルは居着きの個体も多くアジに比べて釣りやすいのも魅力の一つですね。

メバリングに必要な道具

メバリングに必要な道具を解説していきます。

  1. ロッド:6〜7フィート ULクラス
  2. リール:2000番手
  3. 糸:PEライン0.2〜0.4号
  4. ジグヘッド:1〜2gのラウンド型、矢じり型
  5. ワーム:シャッドテール、ピンテール、チューブ
  6. プラグ:3〜5㎝のシンキングペンシル、シンキングミノー、 ペンシルベイト、フローティングミノー

アジングタックルの流用でもできますが快適ではないので、専用のタックルを用意するとより楽しめると思います。

ざっくり紹介するとこんな感じです。

メバルの釣り方

道具:ワーム編
  • ピンテール 小魚やアミパターン
  • シャッドテール 小魚やアミパターン
  • チューブ系 イカパターン

こんな感じで使い分けてみてください。

上記のようにワームを使い分けてみてください。使うイメージは意識するベイトの動き方です。基本的にはピンテールやシャッドテールで使用して、表層でぱちゃぱちゃしている様な時にはチューブ系を試してみると良いかもしれません。

道具:プラグ編
  • フローティングミノー アミパターン、イカパターン
  • シンキングミノー 小魚パターン
  • シンキングペンシル 小魚パターン
  • ペンシルベイト アミパターン、イカパターン

こんな感じで使い分けてみてください。

上記のように使い分けてみてください。

使い方は

フローティングミノー

基本的にはただ巻き。投げて糸ふけを取ったら、ゆっくりと3〜5秒程度巻き止めます。止める時間は巻いた時間止めてみてください。巻いている間にルアーがゆっくりと潜り、止めている間にゆっくりと浮上します。ルアーが浮上した時に出る波紋をメバルは好み食ってきますので、浮上後少しメバルに食わせの間を与えるイメージで使用するとよく釣れてくれますよ。

シンキングペンシル

こちらも基本的にはただ巻き。任意のレンジを入れてゆっくりとルアーを引いてきます。こちらも巻いたら止めるを心がけてください。

魚を追いかけている時には、近くに投げて高速トゥイッチすると反応することも多いです。

個人的に出番が多いのはフローティングミノーシンキングペンシルです。この2種類で困ったことはほとんどないのでどれを買おうか迷ったらまずはこの2種類から始めてみてはいかがですか?

どこで釣れるの?

ポイント1:漁港 おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

おすすめポイント1は漁港です。特に夜がいいです。

投げてもいいですが、まずは足元の岸壁沿いをしっかりチェックしてみてください。岸壁沿いはメバルの好ポイントになります。基本的には夜に数釣りが楽しめます。常夜灯がついているポイントはより良いです。

ポイント2:サーフ おすすめ度⭐️⭐️⭐️

サーフもメバルの釣れるポイントです。漁港や磯に重なるサーフでは特に良いです。

とはいえ広大なサーフではメバルのポイントを絞りにくいのでまずは日中に訪れて潮がぶつかるポイントや水中にある変化など見ておくと夜にやりやすくなるでしょう。

ポイント3:磯場 おすすめ度⭐️⭐️⭐️

磯場はサイズの大きいメバルが狙えるポイントです。30センチ以上ある尺メバルも狙えます。

磯は上記の2つより格段に危険な場所であるため、十分に注意し磯靴やヘッドライト、ライフジャケットを装備し極力一人では行かないようにしましょう。また、荒れている際には絶対に近づかないようにしましょう。

まとめ

今回はメバリングの始め方について解説しました。

意外と簡単に始められそうだなと思ったのではないでしょうか。

これを機に始めてみてはいかがでしょうか?

今回はこの辺で!

でわでわ。

まとめ

  • メバリングは魅力がいっぱい
  • 必要な道具は、ロッド、リール、ライン、ジグヘッド、ワーム、プラグ
  • 釣り方は基本タダ巻き
  • 釣れるおすすめ場所は漁港、サーフ、磯場

興味があればこちらもどうぞ

釣りをもっと楽しみたいなら釣りビジョンVODがオススメです。簡単に3分で登録でき、14日間無料で試すこともできますので興味のある方は是非登録してみてください。

ABOUT ME
nakase
nakase
山陰エリアを中心に20年以上釣りを楽しんでいるなかせです。 ライトゲームを中心に釣りに役立つ情報を発信していきます。
関連記事