釣りをもっと楽しみたいなら\ここをチェック/

アジングロッドでエギングってできるの?可能だが注意点あり

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

※青字をクリックすると読みたいところへ移動できます。

アジングロッドしか持ってないんだけどエギングもしてみたい。できるかな?

なかせくん

できるよ。けど注意点もあるね。

注意点?

なかせくん

専用ロッドじゃなくて強度や性能面で大きく劣るから扱いにくいってことだね。細かく話していくよ。

どうも。なかせです。(@nakase_kimama

アジングロッドでエギングができないか?

結論から言えばできます。

できるけど快適ではないし注意しなければロッドの破損に繋がってしまうこともあるということです。

この記事ではアジングロッドを用いてエギングが可能である訳と破損させないための取り扱い、おすすめのエギについて解説します。

アジングロッドしか持っていなくてエギングができない。そんなことありません。やり方を変えればエギングをすることは十分可能なんです。

エギングロッドを持ってるよって方もアジングしている時にイカを見つけたら狙いたくなるでしょう。そのためにわざわざエギングロッドまで持って行く必要はなくタックルボックスに一つエギを忍ばせておけばOKです。

ぜひアジングロッドでエギングを楽しんでみましょう。

この記事の内容

アジングロッドでエギングは可能!

アジングロッドでエギングは可能です。

筆者もライトゲーム用のバッカンの中にエギを忍ばせておりアジング中、イカの回遊があればエギをセットしイカを狙うこともあります。

参考に筆者のアジングタックル3種を載せておきます。

筆者のアジングタックル

※下にいくにつれタックルパワーが下がっていきます。

ロッド:・宵姫天48AL(ルアー0.1g〜1,5g)

    ・宵姫華弐54AL(ルアー0.1g〜1.5g)

    ・宵姫華弐72M(ルアー0.7g〜12g)

リール:・19ヴァンキッシュ1000sssPG

ライン:・ピンキー0,25号(1.2lb)

    ・アーマードF+Pro0.1号(3lb)、0.3号(6lb)

主に一番上の弱いタックルを使用して

・アオリイカ200g〜400g

・ヤリイカ30cm〜40cm

などなど釣っています。タックル、ラインの強度がなくてもこのくらいならなんとかなります。

なかせくん

アジングロッドでもエギングはできてるね。

アジングロッドでエギングを始める前に

そもそものお話ですがアジングロッドはエギングロッドのような専用のロッドではないのでなんとかエギングができる程度であるということです。

アジングロッドでエギングは確かに可能であり筆者も破損といったトラブルは起こっていませんが破損につながるリスクはあるということは理解しておきましょう。

なかせくん

リスクを承知してあくまでも自己責任で楽しんでね。

エギングでアジングロッドを使うメリット・デメリット

メリットデメリット
アタリが取りやすく釣りやすい
サイズが小さくても引きを存分に楽しめる
タックルを複数用意しなくてよく経済的
アピール力が弱い
ロッド破損のリスクが高い
ラインブレイクのリスクが高い
操作性が悪い
エギングでアジングロッドを使用するメリット・デメリット

エギングでアジングロッドを使うメリットは3つ。

  • アタリが取りやすく釣りやすい
  • サイズが小さくても引きを存分に楽しめる
  • タックルを複数用意しなくてよく経済的

メリット1:アタリが取りやすく釣りやすい

アジングロッドは潮の微妙な変化やアジの微かなアタリも捉えられるほど繊細です。イカのアタリもバッチリ分かるので釣果が上がるのは間違いありません。

エギングの釣れない原因のほとんどがアタリを取れていないことなのでアタリが取れるだけでかなり変わりますよ。

なかせくん

アタリとか変化が分かり易すぎる。

メリット2:サイズが小さくても引きを存分に楽しめる

もともとアジを釣るロッドでアジは30cmくらいあっても200gくらいです。そういった魚を楽しく釣ることができるロッドなので、200g〜300gといったエギングロッドでは釣っても楽しくない子イカでも十分楽しむことができるんです。

アジングロッドの弱さが逆にメリットになっています。

なかせくん

ロッドが弱いからイカが小さくても楽しいんよ。

メリット3:タックルを複数用意しなくてよく経済的

筆者的にはこれが結構大きいと思ってます。釣りって何かとお金が掛かるのでガチの釣り以外では出費をできるだけ抑えたいものです。

1本のロッドでアジングからエギング、メバリング、チニングなど行えばコスパ良くかなり色んな釣りを体験できます。

ちなみに筆者は現在手放してしまってエギングロッドは1本も所持しておりません。

なかせくん

アジングロッドで色々釣っちゃうよ!

デメリット1:アピール力が弱い

アジングロッドでのエギングだとどうしても小さいエギを使用することになってしまいますし、激しくしゃくることもできないので必然的にアピール力は落ちてしまいます。

広範囲のイカを寄せたりイカのスイッチを入れたりは難しいかもしれません。

なかせくん

専用ロッドじゃないししょうがないね

デメリット2:ロッド破損のリスクが高い

アジングロッドは当然ながらエギを投げたりしゃくるようにはできていません。

そのため想定外の使い方をすれば当然ロッド破損のリスクは高まります。

リスクは十分に理解し自己責任で行うようにしましょう。

なかせくん

できるだけ適正ウエイト内のエギを選択して優しいしゃくりを心がけよう!

デメリット3:ラインブレイクのリスクが高い

アジング用のラインのままだとどうしても強度が低いためキャスト切れや、しゃくって切れたりヒットした瞬間に切れる、ファイト中に切れるといったことが起こりやすいです。

兼用で使いたいという方はPEラインの0.3号前後を用いるといいでしょう。

なかせくん

ドラグの調整とキャストやアクションを控えめにすれば1.2ポンドのエステルラインでも切れないけど心配な方は強度のあるPEラインを使おう。

デメリット4:操作性が悪い

アジングロッドで操作するにはエギは重すぎるんです。竿自体も柔らかくてエギの操作をするのには正直向いていません。

あくまでもエギングの形が取れるというだけでエギングを快適に行うことはできないのです。

なかせくん

アジを釣る道具だもんね。しかたない

アジングロッドを使ったエギングのコツ

ここではアジングロッドエギングのコツ。主に道具選びやアクションについて解説します。

① タックルの選び方

筆者の経験(最弱レベルのタックルでやっている)からいうと、どんなタックルでもできますが破損のリスク、ラインブレイクのリスクを下げ比較的快適にエギングをするためにはタックルも重要になってきます。

ポイントは以下のとおりです。

  • ロッド:6〜7フィート程度のL〜Mくらいまで
  • リール:C2000か2000番手
  • ライン:PEライン0,2号前後

このくらいのスペックであれば竿自体が重い仕掛けを扱えますし、よっぽど酷い扱いをしない限りは破損やラインブレイクも起こらないです。

なかせくん

このくらいのアジングロッドを使ってる人は割と安心してエギングできるよ。

② エギの選び方

アジングエギングにおいては通常のエギングとはサイズ選びが異なります。通常、狙いのイカのサイズや季節に応じてエギのサイズを調整しますがロッドのスペック(ルアーキャパ)に合わせて調整してください。こうすることで扱いやすさとリスク対策になります。

エギサイズは1,5号〜2.5号を使用します。目安は以下

  • ルアーキャパ2g前後:エギ1.5号
  • ルアーキャパ7g前後:エギ1,5号〜2号
  • ルアーキャパ12g前後:エギ2号〜2.5号

エギ重量は1.5号=4g前後  2号=6g前後  2.5号=10g前後

なかせくん

自分のアジングロッドの扱える重量を確認して無理のない範囲にしよう。

③ アプローチ方法

アジングエギングでのアプローチはあくまでもソフトに!です。竿先で軽くエギを弾くようなイメージです。

アジングロッドでのエギングは専用のロッドと異なり激しいしゃくりは厳禁。ロッド破損の原因となってしまいます。

ロッドの扱えるルアー重量内であったりそれに近しい場合には激しくしゃくらなくてもエギはしっかりと動くのでイカへのアピールは十分!

なかせくん

ちょこちょこと小さなアクションでも釣れちゃうのがアジングロッドエギングだよ。

おすすめのアイテムをご紹介

ライン

アーマードFシリーズは筆者愛用の次世代PEラインです。トラブルがほぼなく強度や耐摩耗性が非常に高いので細糸を使う際の安心感は抜群です。アジングで使いやすいように比重が重くなっているのも高ポイントです。

以下の記事でアーマードFについて詳しく解説していますので興味のある方はご覧ください。

アーマードFは切れる!?メリット・デメリット紹介します。

エギ

\1.6号エギ/

\2号エギ/

\2.5号エギ/

ここで紹介しているものはどれも使いやすくよく釣れます。

2,5号エギとして紹介しているエギはフラッシュブーストでアクションしていない間も誘うことができるのでアクションの控えめなアジングエギングで使いやすい性能と言えるでしょう。1.8号のラインナップもあるのも嬉しいところです。

アジングロッドでエギングを楽しもう

今回はアジングロッドでエギングをやっちゃおう!という記事でした。

アジングロッドでのエギングは専用ロッドのように快適に行えるわけではないですがとっても気軽に行えるのが大きな魅力です。

ご自身のアジングロッドで無理のない範囲で扱えるエギを1、2個バッグに忍ばせておけばイカを見つけた時にさっと狙って遊ぶことができるのでおすすめです。

アジングロッドでのイカの引きは一度味わうとクセになっちゃうこと間違いなしですよ。

ぜひ一度お試しあれ。

今回はこのへんで。

でわでわ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

山陰エリアを中心に20年以上釣りを楽しんでいるなかせです。
ライトゲームを中心に釣りに役立つ情報を発信していきます。

コメントこちらに

コメントする

CAPTCHA

この記事の内容